保険診療と自費診療

保険診療と自費診療、良心的なのは保険診療だと考えていらっしゃいますか?

費用の観点からは保険診療が圧倒的に良心的です。当院では、歯周病治療と根管治療は基本的に保険治療で行なっています。

理由として、保険内でも生体に留意した治療が行えると考えているためです。また、国民皆保険制度により保険料を納入しているので可能なことは保険範囲内で行います。

歯周病治療と根管治療の流れについて詳しく知りたい方はそれぞれの記事を参照して下さい。

次に、被せ物に関してです。当院では入れ歯を含めた被せ物に関しては基本的に自費診療で行なっています。

理由として、保険範囲内の被せ物は身体にとって有益ではない、と考えているからです。

保険内で使える材料は主に「金銀パラジウム合金」「レジン」「CAD /CAM」があります。

金銀パラジウムにおいては金属アレルギーや、金属イオンの体内への流出、異種金属間に生じるガルバニー電流など多くの問題があります。

レジン及びCAD /CAM冠は保険内でも部分的な詰め物から前歯、奥歯まで汎用性が広がってきており、「白さを保険で」と考えている方にはとても魅力的に響くことと思います。

しかしその柔らかさから壊れやすいのはもちろんのこと、すり減りやすく、容易に噛み合わせを変えてしまいます。また、歯垢の付着を起こしやすく虫歯や歯周病のリスクが上がります。

自分自身の歯に勝るものはありませんが、一度失った歯は再生しません。それに準じた被せ物を個々人に合わせた最適なもので代償していくには、保険外の被せ物や入れ歯、場合によってはインプラントで補う必要があるのです。

関連記事

  1. おすすめ ホワイトニング 江東区 木場 東京

    オフィスホワイトニング 始めます!!

  2. オーダーメイド歯科治療の実際の症例②

  3. オゾン 歯科治療への応用 自然派歯科医院 東京

    歯科治療へのオゾンの応用

  4. 筋肉 三角筋

    自然派歯科医としてのキネシオロジー

  5. 歯の補綴物 自然派歯科医院

    ジルコニア

  6. Gold 金 体に優しい歯科治療

    オーダーメイド歯科治療の実際の症例①

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP
error: Content is protected !!